茶屋町の家

20220310_036圧縮.jpg

退職後の新たなライフスタイルをより楽しく、自分らしく進んでいける住まいにしたいというご要望から、シンプルな平家をご提案しました。

施主様自らもお家づくりを愉しみたいと、室内全ての壁をプロの応援を受けながら、DIYで漆喰塗りで仕上げています。

床材は、材木市で施主様が直接買い付けた国産の赤松材を使用しています。また、外壁は、瀬戸内市で製造された手焼きの焼き杉板を使用しています。

 

 

本敷地は市街化調整区域で、南側敷地には田園が広がっており、最高の日射条件が揃っていました。

そのため、建物を真南に配置し、南面に大開口の窓を設け、軒を深くすることで夏場は日差しを遮り、冬場はしっかり日射の入る構成としました。

併せて高い断熱性を確保することで、夏涼しく、冬暖かい合理的な熱環境を実現しました。

 

設計:盛田建築製作一級建築士事務所

施工:株式会社 小橋工務店

20220310_008圧縮