築港の家

20201104_039.jpg

高齢の夫婦2人と、それを支える若い世帯が、これからを共に豊かに、快適に過ごしていけるとように計画された住まいです。


日常の生活動線をすべて1階に集約し、息子夫婦や孫が気軽に宿泊できる個室、収納を2階に配置しました。

また、介護を想定しているため、洗面脱衣やトイレなど水廻りは、主寝室とリビングダイニングを回遊出来るようになっており、家事動線をコンパクトに納めています。

本敷地では、南側からの日射を望めない状況であるため、リビング東面の階段吹き抜けから自然光を取り入れる計画としました。

また、リビングと主寝室の間にはサンルームを設けて、それぞれの室にポリカーボネートの建具を通して柔らかな光を落とすとともに、リビングから寝室への音の緩衝帯としても機能するよう計画しています。

敷地条件的にに冬期の日射取得量が少ないため、断熱性能を高め、床下から暖気が吹き出す方式の全館冷暖房を採用しました。

少ないエネルギーで、冬は床がほんのり暖かく、夏は直接冷風を感じない心地よい温熱環境を実現しています。


家族それぞれが、自身の日々の生活を大切に、適度な距離感を保ちながら気配が繋がる、お互いがお互いを無理なく思いやり、暮らしていける住まいです。

設計:盛田建築製作一級建築士事務所

​玄関腰掛け背もたれ製作:盛田 健

施工:(有)建築工房おおやま

断面.png
20201104_003.jpg
20201104_019
20201104_015
20201104_024
20201104_030
20201104_044
20201104_050